image

 9月24日の中山5R・2歳新馬(芝2000メートル)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気ダイワメモリー(牝、美浦・国枝栄厩舎)が差し切り勝ち。タイムは2分06秒1(良)。道中4、5番手で3コーナーではやや手綱が動くシーンがあったものの、直線に向いてインを突くと、最後は前2頭の間を割って出た。有馬記念(2008年)などGI4勝の名牝ダイワスカーレットの6番子が鮮やかにデビュー戦を飾った。

 3/4馬身差の2着にはハナを切ったマイネルプリンチペ(1番人気)が粘り込み、さらにクビ差遅れた3着にエピキュリアン(4番人気)。

 ダイワメモリーは、父ノヴェリスト、母ダイワスカーレット、母の父アグネスタキオンという血統。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000523-sanspo-horse
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



この記事のタグ:2 新馬 ダイワ スカーレット

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)