4日の報知杯弥生賞・G2で異例の重賞でのデビューを果たしたヘヴィータンク(牡3歳、栗東・森厩舎)がわずか1戦のみで引退することが6日、分かった。重賞のみのキャリア1戦で引退する競走馬は84年のグレード制導入後、初めて。今後は乗馬になる予定。
 クロフネを父に持つ同馬は豪華メンバーがそろった皐月賞トライアルを初戦に選んだが、道中はついていけずに追走に手いっぱい。9着のアサクサスポットに20秒7離され、勝ったダノンプレミアムからは22秒9も離される大差の最下位となる10着に沈んだ。
 現在の日本競馬では、未出走馬が出走可能な重賞は2歳夏のレースと、3歳春に行われるクラシックG1のトライアルのみ。84年以降、デビュー戦での重賞挑戦は同馬が初めてだった。それ以前は詳細なデータが確認できていないが、日本競馬史上、極めて珍しいケースといえる。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000176-sph-horse
143

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



この記事のタグ:衝撃 デビュー 弥生賞 大差

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)