2016-04-03-16-20-20

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/03/09(金) 18:40:53.78 ID:eMB4UCkO0  今週土曜日にフレミントン競馬場で行われる、秋の「フェスティヴァル・オヴ・レーシング」における馬齢戦のプレミアムレース・GIオーストラリアンC(2000m)に、日本産馬として初めて出走するのは、音無秀孝師の管理馬だったアンビシャスである。ディープインパクト産駒のアンビシャスは、チャンピオンホース・キタサンブラックを破り、2016年のGII大阪杯を制している。

 総賞金150万豪ドルのオーストラリアンCに出走するアンビシャスは12番ゲートから発走。2016年のメルボルンC勝ち馬アルマンディンも出走する予定だが、アンビシャスは、豪州の地で初めてのレースで、トップクラスを誇る地元オーストラリア産馬や外国産馬のライバルたちに対して強烈なインパクトを与えることは間違いないだろう。

http://news.sp.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=39852
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



この記事のタグ:アンビシャス デビュー 1

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)