4月14日の阪神11Rで行われた第27回アーリントンカップ(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、馬齢、13頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気タワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が鮮やかな差し切り勝ちを収めた。タイムは1分33秒4(良)。2着パクスアメリカーナ(3番人気)、3着レッドヴェイロン(4番人気)までの上位3頭が、NHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 好位のインでレースを進めていたインディチャンプ(2番人気)が直線で先頭へ。しかし、中団のやや後ろにいたタワーオブロンドンが外から一気に脚を伸ばしてかわすと、追いすがるパクスアメリカーナに1/2馬身差をつけてトップでゴールを駆け抜けた。道中は後方にいたレッドヴェイロンが、さらに1/2馬身差の3着。インディチャンプは4着に終わった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000553-sanspo-horse74


続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



この記事のタグ:アーリントン 人気 タワー オブ

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)