73

 8日、フランスのサンクルー競馬場でグレフュール賞(G2・芝2100m)が4頭立てで行われ、S.パスキエ騎手騎乗で出走したディープインパクト産駒のスタディオブマン(牡3、仏・P.バリー厩舎)が、2番手追走から直線突き抜け、3.1/2馬身差で圧勝した。良馬場で勝ちタイムは2:19.29。2着はM.カデドゥ騎手騎乗のアルーナク、3着はG.ブノワ騎手騎乗のアルハダブ。

 スタディオブマンは父ディープインパクト、母セカンドハピネス、その父Storm Catという血統で、日本で競走生活を送ったマンボネフューの半弟にあたる。母セカンドハピネスはG1・10勝の名牝ミエスクの娘で、大種牡馬キングマンボの妹でもある。1戦1勝で臨んだ前走・ラフォルス賞(G3・芝1800m)での2着から、今回が3戦目だった。

 グレフュール賞はフランスダービー(ジョッケクルブ賞)の前哨戦の1つで、過去にはモンジュー、パントルセレブルらの名馬も勝利したレース。昨年はディープインパクト産駒のアキヒロ(現在は香港に移籍し馬名もスティミュレーションとなった)が出走し3着となった(仏ダービーは出走せず)。

 この勝利でディープインパクトは日本ダービーにダノンプレミアム、英ダービーにサクソンウォリアー、仏ダービーにスタディオブマンと、日英仏のダービーに産駒の有力馬を送り出す可能性が高まった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000008-kiba-horse
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



この記事のタグ:ディープ スタディ オブ

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)