馬ちゃんねる 競馬まとめ

2ch競馬板のまとめブログです。競馬予想、レースや騎手などの話題盛りだくさんです。

    カテゴリ:海外

    38

     14日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたトゥーラックH(GI・芝1600m・1着賞金30万豪ドル)で、栗東・池江泰寿厩舎から現地のD.ウィアー厩舎へ移籍していたトーセンスターダムが待望の現地初勝利を挙げた。

     出走馬中で一番重い57.5kgの斤量となったトーセンスターダムはD.レーン騎手が騎乗。中団からレースを進め、4コーナーから直線入り口で外から進出し、レーン騎手の風車鞭に応え最後は2着のソヴリンネーションに1馬身差をつけ優勝。タイムは良馬場で1:35.86。

     トーセンスターダムは父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ(その父エンドスウィープ)の6歳牡馬。母の半弟に2011年の天皇賞(秋)をレコード勝ちしたトーセンジョーダン(父ジャングルポケット)、2012年のダービー3着馬トーセンホマレボシ(父ディープインパクト)がいる。2012年の1歳セレクトセールで2億6250万円(税込)の最高価格で取引された。

     国内所属時には中央競馬と豪州で16戦5勝、豪州移籍後もGI戦線で惜しい競馬が続いていたが、ここで待望の現地初勝利をGIで飾った。

    出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000008-kiba-horse
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:海外 競馬 トーセンスターダム 豪州

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/08/25(金) 11:59:06.27 ID:S9Ut8Aid0
    48

    英G1・ヨークシャーオークス(牝馬限定、芝2400メートル)が、現地時間24日にヨーク競馬場で行われ、
    ランフランコ・デットーリ騎手(46)が騎乗したエネイブル(牝3歳、英ゴスデン厩舎)が逃げて5馬身差で圧勝した。

    英オークス、愛オークス、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSに続くG1で4連勝を飾った。今後は凱旋門賞(10月1日、仏シャンティイ競馬場)に直行する見込み。

    http://www.hochi.co.jp/horserace/20170825-OHT1T50083.html
    動画:https://www.youtube.com/watch?v=Lu8yJOh_fzY

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:海外 競馬 エネ イブル

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    91

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/08/20(日) 09:55:59.06 ID:8AbSbz+z0 パシフィッククラシック2着

    世界最強馬とは一体
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:海外 競馬 世界 最強

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/08/11(金) 13:27:51.74 ID:TvJfZxwx0.net
    とんでもない2歳馬が出てきたな

    ネオリアリズムは札幌記念を回避 - サンスポZBAT!競馬 https://t.co/sieQixhi0c

    — サンスポZBAT!競馬 (@sanspoyosouou) 2017年8月11日


    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:競馬 海外 1 ネオ

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    47

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/12(月) 13:43:35.07 ID:M3BC+PnI0  8日に愛国のレパーズタウン競馬場で行われた、距離7ハロン(約1408m)の2歳メイドン(新馬戦)で、
    ディープインパクト産駒のセプテンバー(牝2)がデビュー勝ちを果たした。

     クールモアスタッドが所有し、エイダン・オブライエンが管理するセプテンバーは、G1・愛オークス
    (芝12F)、G1・ヨークシャーオークス(芝12F)など4つのG1を制したピーピングフォウンの5番仔にあたる。
    2番仔まで愛国で産んだ後、米国に渡り、タピットを受胎した状態で来日。日本で2年続けてディープイ
    ンパクトを交配された後、愛国に戻ったピーピングフォウンが、15年2月21日に愛国で出産したのが
    セプテンバーである。同馬の1歳年上の全兄にあたる、日本産ディープインパクト産駒のウィスコンシン
    (牡3)も、今年の5月にオブライエン厩舎からデビューし、5月25日にティッペラリーのメイドン(芝12F
    110y)を制して、2戦目にして初勝利を挙げている。

     8日の新馬戦で、S.ヘファーナンが手綱をとったセプテンバーは、道中を4~5番手で折り合うと、直線に
    向くと弾け、残り1Fで先頭に立った後、後続を5.1/2馬身突き放す快勝劇を演じた。

     この結果を受け、英国のブックメーカー・ベット365社は同馬を、2018年のオークスへ向けた前売りで、
    オッズ26倍の1番人気に浮上させている。
    http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=122826
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:海外 競馬 ディープ

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ