馬ちゃんねる 競馬まとめ

2ch競馬板のまとめブログです。競馬予想、レースや騎手などの話題盛りだくさんです。

    カテゴリ:柏木集保

    173

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/07/03(月) 12:50:12.32 ID:6hHAwejk0 現役騎手でも困難 一度観ただけでレース解説をする難しさ

    福永 最近は、岡部幸雄さん、安藤勝己さん、佐藤哲三さんなど、元ジョッキーの解説者が増えましたが、みなさんからするとどんな感じですか? やっぱりやりづらいですか?

    柏木 下手くそだよ(笑)。だって、ろくなこと言わないんだもん。

    福永 厳しいですね(苦笑)。あくまでも個人的な意見ですが、僕は(田原)成貴さんが適任だったんじゃないかと思うんですよ。競馬を面白く伝える技術も持っていた人ですから。

    野元 表現力がすごくある人だから。

    柏木 そうだね。

    福永 安藤さんも佐藤さんも、騎手心理をよく伝えてくれているなと思います。なにしろ安藤さんは現役の頃、「騎手が巧く乗らなきゃ勝てないような馬は大した馬じゃねぇ」って言い切っていた方ですからね(笑)。

    野元 だから、ああいう心持ちでレースに臨めていたんでしょうね。

    吉岡 われわれ新聞記者の視点というのは、競馬をヨコから見ている感じじゃないですか。でも、ジョッキーはパトロールフィルムのようなタテの視点で見ているので、それがすごく面白いんですよ。
    一度、グリーンチャンネルの特番で、岡部さんと池添騎手がそれぞれに勝った有馬記念のパトロールフィルムを見ながら解説するという番組があったんですよ。ここがポイントだったとか、このときの隊列がどうでとか、当然ながら私たちが持っていないジョッキー的な視点があって、すごく面白かった。

    野元 今、それを定期的にやっているのが『武豊TV』ですよね。武さんはなんといっても発信力があるし、表現力もすごく豊かな人だから、武さんの視点で解説してくれたらそれはもう勉強になるし、ファンにとっても絶対に面白いですよね。

    吉岡 そうそう。武豊さんに限らず、ジョッキーの視点をもっとファンに伝えてあげたら、競馬の見方がグンと広がって、有意義だと思うんですけどね。

    福永 去年の凱旋門賞の解説で、改めてユタカさんのすごさがわかりましたね。「エイダンがチームプレイで勝たせた」と、レース後すぐに指摘しましたから。僕もフジテレビで解説をやらせてもらっていたんですけど、
    マカヒキに注目していたこともあって、一度観ただけでは各馬の細かい動きまで気付けませんでした。さすがだなと思いましたね。
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:競馬 柏木集保 岡部 アンカツ

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    たいとる

    引用元:柏木集保 岡部、アンカツ、哲三などの元騎手競馬評論家におこ! あいつらはろくなこと言わない
    5:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/07/03(月) 12:53:43.20 ID:h28KN1V/0.net http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=37618 2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/07/03(月) 12:51:22.00 ID:2KlSxX6x0.net ほほう

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:柏木集保 岡部 アンカツ 哲三

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    173

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/29(月) 18:04:22.34 ID:BILD1Svb0 アルアイン(父ディープインパクト)の松山弘平騎手(27)は正攻法で堂々と乗ったから立派だが、
    勝負どころで慎重になりすぎ、他に進路を奪われた。
    好漢=松山弘平は、もう4回目の騎乗なので日本ダービーの重みを十分に理解している。
    だから、無軌道にガサツになど乗れなかった。
    大丈夫、日本ダービーは昔からおじさんのレースなのだ。
    藤沢和雄調教師の笑顔を見なさい。
    http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=A01
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:競馬 柏木集保 コラム

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    たいとる

    引用元:柏木集保のコラムが泣かせる
    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/05/29(月) 18:04:22.34 ID:BILD1Svb0.net http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=A01 2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/05/29(月) 18:05:40.23 ID:QkK4FACS0.net ボロクソにいちゃもんつける予定だったのにいい終わり方しやがって・・・

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:柏木集保 コラム

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    173

    6: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/01(月) 18:31:31.53 ID:dJGRnpzN0 3分12秒5の中身は、キタサンブラック自身の前後半バランスにすると「1分36秒3-1分36秒2」に近いと推定される。
    終始、シュヴァルグラン、アドマイヤデウス、さらには射程内にいたサトノダイヤモンドのマークを受けながら、 最後まで脚さばきは衰えることなく、2着馬に「1馬身4分の1差」は、置かれた立場を考えると着差以上の圧勝である。

    これまでのレコード3分13秒4を保持していた父の全弟ディープインパクトは、2006年春の天皇賞を、
    推定「1分39秒2-1分34秒2(上がり33秒5)」という、前半スロー追走の形から、後半に驚異的なロングスパートを決めて、レコードで圧勝している。

    どちらがすごいかは、考え方の違いもあれば、どちらのタイプ(レース運び)の方がビッグレースの必勝法か、さらには大仕事が可能か、となるので難しいが、 ディープインパクトと、全兄の代表産駒キタサンブラックは、心肺機能や筋肉資質はともかく、体型、走法などほとんど似ていない。
    だから、やがて種牡馬となるキタサンブラックの未来は広がる。

    父ブラックタイドを、表面的にではあるが、完全に超えた。
    母シュガーハートの秘めていた能力も、その父サクラバクシンオーの伝えることの多い特質も、はるかにしのぐ広がりがある。
    ミニ.ブラックタイドにすぎず、あるいは、疑似.サクラバクシンオーでも少しも悪くはないが、 キタサンブラックは父も母父も超えたことにより、起点の1頭になりえる可能性が生じた。
    次代の産駒に与える方向は大きく広がる。
    望まれる名馬とはこういう馬のことだろう。
    http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=A01

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:競馬 柏木集保 キタサンブラック 名馬

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ