馬ちゃんねる 競馬まとめ

2ch競馬板のまとめブログです。競馬予想、レースや騎手などの話題盛りだくさんです。

    カテゴリ:武豊

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/03/08(木) 08:13:35.07 ID:9di7YkOm0.net
    ディープ、キタサン、エアグルーヴ、スペシャルウィーク、マックイーン、クロフネ、スマファルなどなど武が乗ると超一流馬の風格を漂わせるのはなんなの?



    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:競馬 武豊

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    ハロン2395

    1:ハロン棒ch:2018/03/02(金) 00:00:00.00 ID:demuchi.netアウォーディー、武豊鞍上でドバイ・ワールドC出走へ

    ドバイ・ワールドC(3月31日、メイダン競馬場・ダート2000メートル)に選出されたアウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、武豊騎手(48)=栗東・フリー=とのコンビで出走することが決まった。2日、松永幹調教師が明かした。
    フェブラリーSで9着に敗れたあとは、ダイオライト記念(3月14日、船橋)を目標にしていたが、1日朝に招待状が届いた。「オーナーとも相談して、(招待を)受諾します。去年、5着にきていますしね。前走後も変わりなく、水曜(2月28日)にしまいを伸ばしました」と松永幹師は2年連続の挑戦に意欲を見せた。
    http://www.hochi.co.jp/horserace/20180302-OHT1T50047.html

    11:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/03/01(木) 18:42:09.15 ID:nbDJ9M/C0.netマジかよ……
    12:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/03/01(木) 18:45:03.82 ID:4EhIYeeg0.netドバイでアウォーディー
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:アウォーディー 武豊 騎手 鞍上

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/03/01(木) 11:00:30.93 ID:Y9Sf+8CL0.netスポーツ報知の一員として訪れる初めての栗東トレセン。新スタンドの清涼感に心地よさを覚えつつ、出走各馬の動きを追った。
    印象的なのはジャンダルム。なるほど、予習で見た先週の調教VTR同様、圧巻の切れだ。

     騎乗した武豊騎手の周りにマスコミが群がる。頃合いを見て、こちらも会社が変わった事実を伝えねばなるまい。
    「え、そんなことってあるの?」。驚きの声を上げながらも、そこはさすが人の心を読む天才。
    連載のネタに困る当方の心情を察するかのように、弥生賞というレースが持つ特性を語り始めた。

     「皐月賞にはつながらないことも多い。ここで勝ったら本番で競馬を変えにくくなる。負けたら修正できるんだけど。
    とはいえ、試し乗りもできないからねえ」。トライアルである一方、その場で確かな結果が求められるのもまた競馬。
    この微妙なさじ加減を読み切ることが、馬券攻略の肝かもしれない。

     ジャンダルムはホープフルSで2着。既に適性を証明した強みがある。「距離も経験したから。気になるところ? 特にないよ」。
    この馬のてんびんは“試走”ではなく“勝負”の方に傾いている。(豊島 俊介)
    http://www.hochi.co.jp/horserace/20180228-OHT1T50178.html
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:武豊 騎手 弥生賞 皐月

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/03/01(木) 11:00:30.93 ID:Y9Sf+8CL0  スポーツ報知の一員として訪れる初めての栗東トレセン。新スタンドの清涼感に心地よさを覚えつつ、出走各馬の動きを追った。
    印象的なのはジャンダルム。なるほど、予習で見た先週の調教VTR同様、圧巻の切れだ。

     騎乗した武豊騎手の周りにマスコミが群がる。頃合いを見て、こちらも会社が変わった事実を伝えねばなるまい。
    「え、そんなことってあるの?」。驚きの声を上げながらも、そこはさすが人の心を読む天才。
    連載のネタに困る当方の心情を察するかのように、弥生賞というレースが持つ特性を語り始めた。

     「皐月賞にはつながらないことも多い。ここで勝ったら本番で競馬を変えにくくなる。負けたら修正できるんだけど。
    とはいえ、試し乗りもできないからねえ」。トライアルである一方、その場で確かな結果が求められるのもまた競馬。
    この微妙なさじ加減を読み切ることが、馬券攻略の肝かもしれない。

     ジャンダルムはホープフルSで2着。既に適性を証明した強みがある。「距離も経験したから。気になるところ? 特にないよ」。
    この馬のてんびんは“試走”ではなく“勝負”の方に傾いている。(豊島 俊介)
    http://www.hochi.co.jp/horserace/20180228-OHT1T50178.html

    引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/keiba/1519869630/


    【弥生賞】武豊「弥生賞を勝ったらと皐月賞で競馬を変えにくくなる。とはいえ、試し乗りもできないからねえ」 →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:弥生賞 武豊 弥生賞 皐月

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    121

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/03/01(木) 11:00:30.93 ID:Y9Sf+8CL0  スポーツ報知の一員として訪れる初めての栗東トレセン。新スタンドの清涼感に心地よさを覚えつつ、出走各馬の動きを追った。 印象的なのはジャンダルム。なるほど、予習で見た先週の調教VTR同様、圧巻の切れだ。

     騎乗した武豊騎手の周りにマスコミが群がる。頃合いを見て、こちらも会社が変わった事実を伝えねばなるまい。 「え、そんなことってあるの?」。驚きの声を上げながらも、そこはさすが人の心を読む天才。 連載のネタに困る当方の心情を察するかのように、弥生賞というレースが持つ特性を語り始めた。
     「皐月賞にはつながらないことも多い。ここで勝ったら本番で競馬を変えにくくなる。負けたら修正できるんだけど。 とはいえ、試し乗りもできないからねえ」。トライアルである一方、その場で確かな結果が求められるのもまた競馬。 この微妙なさじ加減を読み切ることが、馬券攻略の肝かもしれない。

     ジャンダルムはホープフルSで2着。既に適性を証明した強みがある。「距離も経験したから。気になるところ? 特にないよ」。 この馬のてんびんは“試走”ではなく“勝負”の方に傾いている。(豊島 俊介)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000178-sph-horse
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)



    この記事のタグ:弥生賞 武豊 ここ 本番

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ